このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

2014年2月

更新日:2018年3月1日

『広域合同訓練』

平成26年2月27日
 2月もあと1日を残すばかりとなりましたが、その明日晦日午後から本会議が開かれ、龍ケ崎市議会平成26年第1回定例会が開会します。一般質問は4日からとなりますが、その準備となる答弁調整会議が朝から開かれ、終日庁議室に缶詰めとなりました。今回は私にとっても改選後初めての議会定例会となりますが、一般質問は今回17名の議員さんから通告があり、300ページにわたる答弁書と睨み合いました。
昨日のことですが、先週議会定例会があり紹介した、稲敷地方広域市町村圏事務組合の消防本部による、構成6市町村合同による震災対応訓練がありました。龍ケ崎市においてはその訓練と連動し、庁舎隣の付属棟に災害対策本部を立ち上げ、稲敷広域消防本部の龍ケ崎消防署、さらには龍ケ崎市消防団、竜ケ崎警察署、陸上自衛隊武器学校、JR佐貫駅などの関係各機関との連携を図ることを想定した訓練を行いました。
間もなく3年が経過しようとしている東日本大震災の教訓を踏まえ、発災直後の電話などの連絡手段の途絶による混乱を教訓に、初動における連絡手段の確保を目指し、MCA無線の配備など装備を強化してきました。しかし、昨日の訓練では、MCA無線などは一定の機能は果たしたものの、それらのハードを使いこなすべき側の問題もあり、初動における情報の収集、共有、伝達が混乱、錯綜したのが現実です。
昨年防災協定を締結したJR佐貫駅も参加して、帰宅困難者を想定した対応訓練も行いました。さらに取材に来ていただいていたマスコミ2社の記者さんにも訓練に参加していただき、災害対策本部からのマスコミへの情報提供を想定した訓練も行いました。それらの訓練の経過で、それぞれで解決すべき様々な課題が浮き彫りになり、今後の対応策を速やかに検討する必要性を、気づかされる訓練ともなりました。
広域合同訓練

『会議が続く』

平成26年2月24日
いよいよ今週末28日から、龍ケ崎市議会平成26年第1回定例会が開会します。改選後初めての定例議会ということもありますが、4年過ぎても議会前は毎回緊張感が高まります。
その議会に向けての準備のための会議も続きますが、各広域一部事務組合の議会や、各種総会など、会議が続く時期です。このページでのご報告が遅くなって済みません。
先週月曜日は今週の衛生組合議会定例会に向けた全員協議会。水曜日には県南水道企業団の議会定例会。木曜日には稲敷広域事務組合議会定例会と、広域議会が続きました。
同じく先週の火曜日には、水戸で茨城県国民健康保険団体連合会の総会。金曜日には保健所で、取手・龍ケ崎保険医療福祉協議会と、県南流通センターの株主総会がありました。
土曜日は「川原代ブラザーズ杯」のミニバスの大会や、新町南区や、浅間ヶ浦などでの行事と並行して、子どもを守る110番の家の会役員会や、JA竜ケ崎市女性部総会もありました。
昨日は川原代ふれあい協議会の「防犯講演会」の後、午後からは昨年11月の第52回農林水産祭で天皇杯を受賞された横田農場さんの受賞報告会・祝賀会が盛大に開かれました。
今週は、龍ケ崎地方塵芥処理組合議会が今日開かれ、龍ケ崎地方衛生組合の広域一部事務組合議会が続き、いよいよ金曜日には議会定例会が開会して本会議が開かれます。

『確定申告はお早めに』

平成26年2月18日
 15日が土曜日だったこともあり、今年の確定申告は昨日からのスタートとなりました。市役所の特設の申告会場も、例年通り2階会議室に開設し、昨日の初日から多くの皆さんが申告されていました。今後さらに込み合うことも考えられますので、お早目の申告をお願いします。
 先週末はその前の週末を上回る大雪か、と肝を冷やしましたが、未明には雨に変わり、龍ケ崎ではほとんどの雪を溶かしました。それで安堵する暇もなく、朝方には風雨が強くなり、大雨警報が発令され警戒態勢を取りました。土曜日だけでも100mmに迫る大雨となりました。
 その雨量に、先週に降った雪も残る中、新たに降り積もった雪も溶かし、田んぼはシャーベット状の水であふれるなど、冠水した場所もありました。土砂災害警戒区域などへパトロールが数隊向かいましたが、雪の重さも加わったのか強風による倒木などの報告だけで済みました。
 そんな中、中止や延期になった行事やイベントなどもありましたが、土曜日は幼稚園のお遊戯会、日曜日はききょうライオンズクラブ主催の卓球大会、合唱連盟の合唱祭などがありました。まさに皆さんの熱い思いが雪を雨に変え、積もった雪をも溶かしたとういう感じでした。
 一方で、その雪が雨に変わらなかった地域においては、大雪による深刻な事態になっています。場所によっては観測始まって以来の大雪とのことで、まだ雪に閉ざされている地域もあり、一刻も早い復旧を願っています。今週も雪の予報があり、油断できない状況が続きそうです。

『県南地方総合振興協議会』

平成26年2月13日
 一昨日は国民の祝日、建国記念の日。ともかくも雪かきでガタガタになった身体には、有り難いお休みでしたが、朝からの雪模様で肩の力がぬけてしまいました。昨日まで雪を解かす太陽が待ち遠しい日々でしたが、今日はようやく朝から陽光が輝いています。かと思えば、この週末も大雪の恐れ、という憂慮せざるを得ない報道にまた気持ちが塞がります。
どうしても連日雪の話ばかりなので、今日は話題を変えて。昨日の午後、土浦の合同庁舎で「県南地方総合振興協議会」が開催されました。ちょうど土浦市、つくば市の合併の報道があったばかりでマスコミの取材もあり、今朝の一部新聞紙面にも取り上げられています。昨日の研修の題材は、広域連携と、広域化で様々な意見が交わされました。
県内の44市町村は、県北、県央、鹿行、県西、県南で5ブロックに分けられており、県南地区の14市町村長が集まる研修会です。茨城県の人口が300万を切っている中、県南地域は100万超の人口を有し、あとの4ブロックで200万足らずと考えると、平均すると他ブロックの倍の人口ということになります。市町村長が集まる、貴重な機会でもあります。
今日は午前中に龍ケ崎市議会の全員協議会があり、平成26年度予算の概要などを説明させていただきます。午後には同様の内容での記者発表の会見も予定されています。その後、茨城県女性団体連盟との対談があり、県庁に向かいます。

『45年ぶりの大雪』

平成26年2月10日
 土曜日未明に降りだした雪が、日曜日未明まで降りやまず、20cmを超える積雪になり、とんでもない週末になってしまいました。1000年に1度、とか10年に1度という災害が続いていますが、今回の大雪は昭和44年から45年ぶりとも、昭和20年から69年ぶりとも報道されています。
それにしても、一夜明けて別世界になった龍ケ崎に驚かされました。今回の大雪では、雪対策の脆弱さを思い知らされました。雪がいつ降るともしれない関東平野では、いざ大雪が降るといつも大慌てで、雪国の皆さんから失笑を買っているのかもしれません。
 されど、これだけの積雪はこの地域にとっては災害とも言えます。今回の記録的大雪を教訓にしながら、危機管理事象と捉え大雪対策の確立を進めてまいります。今日は朝から晴れていますがまだ雪は残りそうですので、引き続きスリップ防止対策を万全にお願いします。
並木通り

『大雪の怖れ』

平成26年2月7日
 関東地方でも、本日夜半過ぎから明日未明にかけて雪が降り始めるとの予報で、気象庁は大雪に対する警戒を呼び掛けています。平野部でも10cmを超える積雪の怖れがあるとのことで、今後の大雪に備えてください。毎月さんさん館で行われている「たつのこマルシェ」も、中止が発表されました。
 今日は水戸の県庁北側にある市町村会館で、会合等が続きました。まずは茨城県市長会自治功労者表彰で、その後、同じ市町村会館内の会場を変えて、国民健康保険団体連合会平成26年第1回理事会が開かれました。理事長は稲葉下妻市長で、私も昨年から副理事長になっています。
 今回の市長会表彰では、龍ケ崎から2名が表彰されました。「龍ケ崎小唄保存会」の新井つや子さんと、『貝原塚おごど囃子保存会」の石塚萬壽夫さんで、永年伝統文化の伝承に努められた功績で表彰を受けました。新井さんは出席できませんでしたが、石塚さんが市長会長から賞状を授与されました。

『淡雪』

平成26年2月6日
昨日は降雪にも驚かされました。前日の節分は暦の上で冬の最終日でしたが、最高気温が18.5℃の春の陽気でした。そこから一転春の初日の立春にはあの降雪で、節分から日付が変わった0時直後に記録した最高気温12.6℃から、雪が降る中一気に氷点下まで下がり、日較差は16.3℃の激しさでした。
昨日も寒い1日で、龍ケ崎では最高気温が3.7℃、最低気温がー3.7℃で、1日の平均気温が氷点下に、今シーズン初めてなりました。朝の道路等の凍結も心配されましたが、市役所の施設整備課をはじめ、未明にかけて関係各機関の凍結防止の奮闘もあり、幸い大きな事故などは報告されていません。
今日も未明に・6.4℃を記録して以降、昼を過ぎても3℃程度までしか気温が上がっていません。冷え込みが続きそうですので、感染症の予防も含めて、体調管理には十分ご注意ください。
雪景色

『新聞報道について』

平成26年2月5日
新聞報道などで驚かれた方も多いかと思いますが、龍ケ崎市議会議員が警察に逮捕されるという事件があり、私もその第一報に言葉を失いました。市議会は、行政と並ぶ市政の両輪とも言われているだけに、今回の事件は残念でなりません。本日議会全員協議会が開かれ、そこで辞職届が提出されるとのことです。

『節分』

平成26年2月3日
今日は節分。明日の立春から新しい二十四節気が始まる、節目の日です。豆撒きと寒さは付き物と思っていましたが、今日は季節より早く春の陽気で、最高気温は18度を超えました。豆撒きは、夕刻から川原代八幡神社、夜には龍ケ崎の八坂神社に参加する予定です。
 今日の公務は朝の庁議からスタートして、庁議終了後には放射線対策本部会議も行われました。現在の市内の空間放射線量は、609か所で定点測定をしていますが、高い所でも毎時0.1マイクロシーベルト前後で、おおむね毎時0.1マイクロシーベルトを下回っています。
市が助成をしている、甲状腺超音波検査に関しては、事故発生から4・5年経過してからの検査が有効だとのことで、5年間延長することに決しました。ホールボディーカウンター検査に関しては、事故発生後3年が経過しますが、助成を1年延長し不安払拭に努めてまいります。

お問い合わせ

市長公室 秘書課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ