このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

2014年12月

更新日:2018年3月1日

『仕事納め』

平成26年12月26日
今日は例年より2日早い、市役所の仕事納めとなります。以前はお役所などの仕事納めは「御用納め」とも言われていましたが、大仰なので今はあまり使わないようです。新年も4日が日曜日なので、長い冬休みになる方も多いのではないでしょうか。
昨日はクリスマスでしたが、市長室に素晴らしいプレゼントがありました。流通経済大学サッカー部が、選手と監督と、大学選手権(インカレ)優勝の報告に来てくださいました。多くのタイトルを誇るチームですが、インカレは初制覇です。
流大サッカー部
写真は右から、ベストキーパー賞の中島宏海選手、キャプテンでMVPに輝いた鈴木翔登選手、そして2冠の中野監督、私の隣が決勝戦の優勝を決めるゴールで、得点王に輝いた江坂任選手、そしてベストディフェンダー賞の湯沢聖人選手です。
「攻撃型が好き」とおっしゃる中野監督ですが、今年は守備も誇れるチームで、それがインカレ初制覇の要因だとのことです。あらためて来年は、リーグ戦、総理大臣杯を含めた、前人未到の3冠を狙う、との力強いお言葉をいただきました。
「ゆく年くる年」と言われるように、年の瀬は来る年に期待を膨らます時期でもありますが、ゆく年を惜しむ季節にもなります。本年末をもって4年の任期を全うした龍ケ崎市副市長、長岡一美氏が退任され、今日が最後の登庁となります。
私が5年前に市長に就任した際には、ベテランの総務部長として大きな力で支えていただきました。就任して1年後の1月から副市長に就任していただきましたが、就任間もなく東日本大震災に襲われ、そこでもその手腕を発揮しました。
就任当初の私は、役所にとっては雇われ社長のような存在で、内部に精通して輿望もあった長岡一美氏は、私にとっての恩人でもあります。しかし「全体の奉仕者」として尽くしたその半世紀を考えると、龍ケ崎市にとっても恩人であります。
私個人としてはもちろん、龍ケ崎市民を代表して永年のご功績に感謝を申し上げるとともに、そのご労苦にねぎらいの言葉を捧げさせていただきます。長岡一美副市長、並々ならぬお世話をいただき、ありがとうございました。おつかれさまでした。

『インカレ優勝』

平成26年12月24日
 飛び石連休も終わり、今日はクリスマスイブ。今年のクリスマスは、まるまる平日で、しかも翌26日が仕事納めと、慌ただしい中で迎えます。報告が遅れましたが、先週末21日の日曜日、全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)決勝で流通経済大学が関西学院大学に1・0で勝利し、優勝の栄冠に輝きました。
これで本年は、総理大臣杯との2冠となりました。しかし様々な栄光の歴史を積み重ね、大学サッカー界の雄の地位を確固たるものにしていますが、この大学選手権だけはいまだ無冠で、悲願の初優勝になり、新たなる輝かしい歴史の1ページとなりました。今後のさらなる活躍を期待しています。
 昨日は裾野市の大橋前市長の叙勲祝賀会で、富士山麓に行っていました。裾野市は東日本大震災の際、唯一防災協定を締結していた自治体でした。発災の夜、支援物資と共に、トラックで支援に駆け付けてくださったのが、当時の裾野市長大橋俊二さんで、旭日中綬章の叙勲を受けられました。
裾野市との繋がりは、串田前市長の時代に遡ります。串田前市長とは私も大学の同窓ですが、同じ大学の市長が集まる市長会があります。当時の大橋市長と串田市長も同窓で、そのご縁もあり、災害時相互応援協定を結んだとのことで、震災の際には、手厚いご支援をいただくことができました。
 大橋前市長は医師で、医師の市長会もありそこで相馬市の立谷市長ともご縁があって、相馬市とも防災協定を締結していました。そのまたご縁もあり、龍ケ崎市も相馬市と災害時相互応援協定を締結させていただきました。裾野市も龍ケ崎市も、そのご縁で相馬市に応援職員を派遣しています。

『朔旦冬至』

平成26年12月22日
 報告が遅れましたが、龍ケ崎市議会第4回定例会は先週末の金曜日に最終日を迎えました。本会議では「まちづくり基本条例」や、議員提案の「議会基本条例」など議案に対し、討論を中心に慎重審議が夕方6時ごろまで続きましたが、全21議案が可決承認されました。
 翌土曜日は、自主防災組織連絡協議会の全体会があり、NPO法人茨城県防災士の皆さんのご協力をいただき、災害図上訓練「DIG」が行われました。午後からは男女共同参画の「いきいき女性フォーラム」が開催され、イクメン職員と一緒に私もパネラーで参加しました。
 昨日の日曜日は、自分の子どもたちが通う幼稚園の『お楽しみ会』がありました。上の娘は最後で、下の子は最初の発表会で、それぞれの成長に驚かされました。私はサンタさんをお招きするお役目があり右往左往していましたが、無事サンタさんも登場してくれました。
 今日は冬至。1年で一番日が短く、夜の長い日です。ただ日の出がもっとも遅いのは冬至の半月ほどあとで、日の入りがもっとも早いのは冬至の半月ほど前になります。今年は、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」と呼ばれ、新月と重なる19年に1度の特別な冬至とのことです。

『猛烈寒波』

平成26年12月18日
 発達した低気圧の影響で、全国的に大荒れの天気になっています。大雪になっている、北海道、東北、北陸にとどまらず、名古屋でも20cmを超える積雪となりました。龍ケ崎も朝から強風が吹き荒れていますが、全国各地で30mを超える最大瞬間風速を記録し、公共交通機関の足も乱れています。常磐線のダイヤにも乱れがあるとのことで、ご注意ください。
 明日最終日を迎える龍ケ崎市議会第4回定例会ですが、明日の本会議を控え、今日は議事整理日で議会日程はありません。今回の議会定例会では「ふるさと龍ケ崎戦略プラン」の主要事業にも位置付けられ、策定を進めてきた『まちづくり基本条例』を第1号議案として提案していますが、議員の提案による『議会基本条例』も議案第21号として上程されています。
 どちらの条例案も、市民、議会、市役所いずれにとっても重要な案件であり、月曜日の一般質問終了後、午後から始まった議案質疑は夕方6時に及ぶ慎重審議となりました。議案質疑終了後、議案が委員会に付託され、火曜日と水曜日の2日間、4つの常任委員会が開かれました。明日は各常任委員長による報告と、その質疑ののち、討論があり採決となります。

『余韻』

平成26年12月16日
 日曜日の事になりますが、衆議院議員総選挙が終わり、まだその余韻の中にあります。開票結果も明らかになりましたが、結果だけを見ると、政権与党が2議席を増やし、信任選挙だったかのようです。しかし投票をした5474万3097人の国民の思惑はそれぞれだったはずで、この一票一票の重みをどのように国政に反映していくか、これからが注目です。
 同じ日に行われた市制施行60周年記念事業「夢の第九」コンサートは、文字通りいまだ余韻に浸っている感じです。1000人を超える聴衆が文化会館を満員にする中、新交響楽団を指揮するマエストロ山下や、4名の一流ソリスト、そして250名に及ぶ合唱団の皆さんとともに、まさに会場全体が一つになって「歓喜」に満ち溢れるコンサートになりました。
 昨日の月曜日は龍ケ崎市議会定例会の一般質問4日目の日程で、本会議が開かれました。午前中に最後の1名の議員さんが質問に立ち一般質問は終了し、午後からは議案質疑に入りました。この定例会には。議案第1号で「まちづくり基本条例」を提案しており、議員提案で議案第21号「議会基本条例」も出されるなど、質疑は夕方6時に及びました。
第9全体

『総選挙投票日』

平成26年12月12日
 いよいよ選挙戦も明日1日となります。期日前投票も明日で終わり、14日日曜日が投票日となります。ここでも紹介した通り、龍ケ崎市はダブル選挙になりませんでした。近隣は全て県議選とのダブル選挙で、投票箱が4つ、稲敷市では市議選とのトリプル選挙になり、投票箱が5つ並ぶことになります。
 龍ケ崎市の投票所だけは、衆議院議員総選挙の投票のみになり、投票箱も3つになります。最初が「候補者名」を記入する、小選挙区の投票箱。次が「政党名」を記入する、比例区の投票箱。最後が不信任の裁判官に×を記入する(不信任がない場合は無記入で可)、最高裁判所裁判官国民審査の投票箱。
 ダブル、トリプル選挙の市町村よりは複雑ではありませんが、それでも3つの投票箱に戸惑われる方もいらっしゃいますので、お間違いのないように投票をお願いします。投票率が低いなどの報道を吹き飛ばす、皆さんの投票をお待ちしています。ちなみに龍ケ崎市は、今回も午後8時まで投票ができます。
 この週末も様々な行事、イベントが続きますので、投票をお忘れなく。土曜日には恒例の「たつのこマルシェ」があります。そして日曜日には、龍ケ崎市制施行60周年記念事業のクライマックスともいえる「夢の第九」コンサートが開催されます。いよいよ本番が近付いてきて、心臓が高鳴ってきました。

『16名の一般質問』

平成26年12月11日
 今週月曜、火曜は議案調査日で、議会定例会の日程はありませんでしたが、昨日からいよいよ一般質問が始まりました。今回も16名の議員さんからの質問通告があり、初日の昨日と、2日目の今日は、5名の議員さんが質問に立ちました。明日も5名の一般質問が予定されています。
 報告が遅くなりましたが先週金曜日に告示された県議会議員一般選挙ですが、龍ケ崎選挙区の立候補の届け出は現職の萩原県議のみで、夕方5時で締め切られ無投票での当選が決定しました。無投票での当選をお祝い申し上げ、今後のさらなるご活躍にご期待申し上げます。
 ということで、茨城県では県議選とダブルになっている衆議院議員総選挙ですが、龍ケ崎ではダブルにならず、期日前投票も衆議院総選挙のみとなりました。ただし最高裁判所裁判官の国民審査が7日から始まり、選挙区と比例区と合わせて、投票箱が3つありますのでご注意ください。

『議会定例会開会』

平成26年12月5日
 今日は茨城県議会議員一般選挙の告示日ですが、龍ケ崎市議会では第4回定例会の開会日でもあります。午後1時半からの本会議で開会し日程なども決定されます。議会初日は毎回、議案の提案理由説明という、私のお役目があります。

『期日前投票』

平成26年12月4日
 衆議院議員総選挙公示の翌日から、市役所1階と佐貫駅前の特設投票所で、期日前投票が始まりました。現在は選挙区と比例区2つの投票箱が設置されており、龍ケ崎市では両投票場とも朝8時30分から夜8時まで投票が可能です。
 明日5日が茨城県議会議員一般選挙の告示日になりますが、選挙になった場合は、翌6日から同様に期日前投票ができます。なお最高裁判所裁判官国民審査の期日前投票は、日曜日の7日から開始されますのでご注意ください。
20141204174707

『公示』

平成26年12月3日
 いよいよ12月に入り、今年も残すところあと1か月足らずとなりました。そしていよいよ昨日は、衆議院議員総選挙の公示日。今週は5日金曜日に、茨城県議会議員選挙も告示となりますが、同じ日の午後には龍ケ崎市議会定例会も開会します。
 11月はこのページの更新が疎かになり申し訳ありませんでしたが、先週末の行事も事後で恐縮ですが報告させていただきます。金曜日は県庁で、牛久沼の水質改善などの要望、茨城県公共施設等総合管理計画の有識者会議等がありました。
 その翌日の土曜日は朝から雨模様で、午前中は長山地区の防災訓練や、かたらい広場が行われましたが、午後に『龍ケ崎市公共施設再編成フォーラム』が文化会館で開催されました。テーマは「公共施設の新しいカタチを創造するために」です。
 その前日の県の公共施設等総合管理計画の会議に出席させていただいているのも、龍ケ崎市が先進的に公共施設の再編成に取り組んでいるおかげです。「新しいカタチ」に向けては、市民の皆さんと、知恵と力を合わせていかなくてはなりません。
 そのフォーラムのあと、東京で流通経済大学サッカー部の総理大臣杯優勝祝賀会がありました。翌日の日曜日には、今度は流通経済大学のラグビー部が、関東大学リーグ最終戦の中央大学戦で優勝を決める、という嬉しい二ュースがありました。
 秩父宮ラグビー場で行われた試合は、引き分けでは優勝を逃すという展開で、抜きつ抜かれつの大接戦になりました。ロスタイムに劇的な「逆転さよならトライ」で2連覇を決めました。はらはらした分感動も大きく、心からお祝いを申し上げます。
公共施設


ラグビー

お問い合わせ

市長公室 秘書課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ