このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

公平委員会とは?

更新日:2018年3月1日

 市役所に勤務する職員の「利益の保護と公平な人事権の行使を保障する」ことを目的に置かれている機関で、(簡単に言うと、市の職員が納得できないペナルティー(罰)を市長等から与えられた時、物申すことのできる救済機関です!)市長やその他の任命権者から独立した組織となっています。
いわゆる、市役所職員の「駆け込み寺」と言った存在です。

公平委員とは?

 公平委員会には、現在「公平委員」として3人の委員がいます。

この人数は、地方公務員法で定められており、委員は市議会の同意を得て、龍ケ崎市長が選任することになっています。

委員の任期は4年です。

現在の委員の氏名と任期は次のとおりです。

公平委員

氏名任期
明石順一平成25年12月28日~平成29年12月27日
瀬尾紗衣子平成25年12月28日~平成29年12月27日
小島曉平成26年4月1日~平成30年3月31日

公平委員の役割って何?

職員から何らかの不利益処分(納得できない懲罰)があったと審査請求された場合、その内容について調査し、審査請求を受理した場合はその内容について審理をし、裁決を行います。

公平委員の仕事とは?

  • 職員の給与、勤務時間、その他の勤務条件に関する措置を審査・判定し、必要な措置をとること
  • 職員からの不利益処分の審査請求に対する処理を行うこと
  • 職員からの苦情相談等を処理すること
  • 法律に基づき、その権限に属する事務を処理すること
  • 毎年7月末日までに、市長に対して前年度の業務の状況について報告すること

関係法令及び条例等

  • 地方公務員法
  • 龍ケ崎市公平委員会設置条例
  • 龍ケ崎市公平委員会の組織並びに運営等に関する規則
  • 勤務条件に関する措置の要求に関する規則
  • 不利益処分について審査請求に関する規則
  • 龍ケ崎市公平委員会に対する龍ケ崎市職員からの苦情相談に関する規則
  • 龍ケ崎市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例

参考資料

  • 設置:地方公務員法第7条第3項
  • 委員の数:地方公務員法第9条の2第1項
  • 選任定義:「人格が高潔で、地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務の処理に理解があり、且つ、人事行政に関し識見を有する者」
  • 委員選任:市議会の同意を得て、龍ケ崎市長が選任(地公法第9条の2第2項)
  • 任期:4年(地公法第9条の2第10項)

お問い合わせ

総務部 法制総務課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ