このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ

更新日:2020年4月3日

令和2年4月3日

こんにちは、龍ケ崎市長の中山です。


前回のメッセージ以降、残念ながら、茨城県内で感染が確認された方2名が亡くなられたとの一報が、4月1日に入りました。
志村けんさんのニュースもありましたが、乳幼児の感染例や、海外で10代の感染者の死亡例なども報告されており、新型コロナウイルス対策も新たなステージに入ったと警戒を強める中、昨日、4月2日午後7時、茨城県知事の記者会見が行われました。


「茨城県は、集団感染(いわゆるクラスター感染)が起きている施設はあるものの、今のところ海外や県外からのウイルスの侵入にとどまり、感染経路が不明な症例は現在、認められていない」感染確認地域であるという報告がありました。
しかしながら、東京などの都市部での感染に起因すると考えられる感染者が県内で増加していることから、茨城県知事は龍ケ崎市をはじめ、県南・鹿行地区の9市町に、今週末4月4日・5日と、来週4月10日までの平日夜間、不要不急の外出を自粛するよう県民に要請しました。


感染が拡大することによって、いま最も恐れられているのが「医療崩壊」です。
感染者の命だけでなく、その他の疾患で、平素であれば救える命が救えなくなるような事態に陥ることだけは阻止しなければなりません。


引き続き、まずは自分自身から感染拡大を阻止するという意識を強め、ひとりひとりが、定期的な手洗いや、咳エチケットなど予防対策を徹底すること。
日ごろの行動パターンを犠牲にしてでも、クラスター(集団感染)のリスクが高い「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」を避けることが大切です。


龍ケ崎市教育委員会も、市内の市立小中学校に関しては、6日の始業式以降、7日から17日までの臨時休業を決定いたしました(入学式は予定通り開催します)。
特に、今週末と、来週平日の夜間は、県民が力を合わせて感染拡大を阻止しようという大切な局面である、という危機感を共有しなくてはなりません。


子どもたちを守るためにも、救える命を救うためにも、不要不急の外出を自粛し、感染拡大防止に龍ケ崎市民一丸となって全力を尽くしてまいりましょう。

龍ケ崎市長 中山 一生

令和2年3月28日

こんにちは、龍ケ崎市長の中山です。


本日3月28日午前10時から、茨城県で記者会見があり、13人目の新型コロナウイルスの感染者が確認されたとの発表がありました。
県の発表によると、JAとりで総合医療センターに、別の疾患のため12月から入院していた70歳代の男性で、住所が龍ケ崎市にあるとのことです。
また、これを受けてJAとりで総合医療センターが、一般外来と救急外来の停止を発表していますので、受診などをされている方はご注意ください。


医療機関に入院中の感染なので、市中感染とは言えませんが、現在竜ケ崎保健所が濃厚接触者の把握を進めています。
現段階では情報が限られていますが、これからの対応が大変重要になります。
県知事からも同様の発表がありましたが、前回のメッセージの通り、市民の皆様には是非とも不要不急の外出を控え、都内への移動を自粛するよう切にお願いいたします。


まずは自分自身から、感染拡大を阻止するという気概をもって、ひとりひとりが予防対策を徹底することが大切です。
感染拡大防止対策としては、クラスター(集団感染)のリスクが高い「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声する密接場所」を避けること、手洗いと咳エチケットの励行をしっかりと行っていただくことに尽きます。


いましばらくは、日ごろの生活パターンに執着することが許されない、非常に重要な局面にあるという認識が必要です。
龍ケ崎市民一丸となって、感染拡大防止と早期収束に向けた取り組みへのご理解とご協力とお願いいたします。


龍ケ崎市長 中山 一生

令和2年3月27日

こんにちは、龍ケ崎市長の中山です。


前回のメッセージ以降、3月17日に残念ながら県内初の感染者が確認され、これを書いている3月27日17時現在、龍ケ崎市近隣を含め12名の感染者が確認されています。
当初は海外からの帰国者、さらにその濃厚接触者の感染でしたが、感染者の中には感染経路が不明なケースもあり、27日現在、当市での感染者の報告はありませんが、いつ市内発生してもおかしくない状況と非常に危機感を強めています。


また、当市は東京、千葉に近接する地域でもあり、特に警戒を強めなければなりません。
3月25日に東京都知事が緊急記者会見を行い、東京都民に対して、翌26日には埼玉県、神奈川県が週末の不要不急の外出を控えるよう呼びかけました。
さらに、隣接県にとどまらず、関東圏外からも東京都や関東方面などへの移動を自粛する要請を出す県が増えています。
当市においても、東京都内への通勤圏内ではありますが、市民の皆様に是非とも不要不急の外出を控えることと、都内への移動を自粛するよう切にお願いいたします。


まずは自分自身から、龍ケ崎市への感染拡大を阻止するという気概をもって、ひとりひとりが予防対策を徹底することが大切です。
感染拡大防止対策としては、クラスター(集団感染)のリスクが高い「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声する密接場所」を避けること、手洗いと咳エチケットの励行をしっかりと行っていただくことに尽きます。


いましばらくは、日ごろの生活パターンに拘泥することが許されない、非常に重要な局面にあるという認識が必要です。
龍ケ崎市民一丸となって、感染拡大防止と早期収束に向けた取り組みへのご理解とご協力をお願いいたします。


龍ケ崎市長 中山 一生

令和2年3月11日

龍ケ崎市民の皆さんこんにちは、龍ケ崎市長の中山です。


皆さんご承知のとおり、現在、新型コロナウイルス感染拡大の不安が世界で拡がっています。
報道では、無用な混乱を起こす、行き過ぎた行動もありましたが、我々龍ケ崎市民こそは、冷静に「正しく恐れて、正しく対処」することが大切で、まさに集団感染を防ぎ、拡大を抑制する極めて重要な時期だと考えています。


それにはまず、自分自身とご家族、職場などで感染予防を徹底することです。
外から戻った時だけではなく、定期的な手洗い(アルコール消毒など)と、マスクの着用など「咳エチケット」の励行。そして感染リスクを抑えるため、基本的には不要不急の外出を控え、「換気が悪く」「人が密集して過ごすような空間」「不特定多数の方が接触する恐れの高い場所」などには出歩かないなど、日ごろの行動パターンを見直すことも重要です。


龍ケ崎市民が上記のことを徹底し、私たちが感染拡大防止の模範となるよう、この不安を払しょくしてまいりましょう。


龍ケ崎市としても、市民の皆様と力を合わせ感染拡大防止に全力を尽くしてまいります。


龍ケ崎市長 中山 一生

お問い合わせ

健康づくり推進部 健康増進課

〒301-0004 龍ケ崎市馴馬町2855番地

電話:0297-64-1039

ファクス:0297-64-5027

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ