このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

がん検診等について

更新日:2020年6月11日

厚生労働省:がん検診受診率50%達成キャンペーンロゴ

市では、下記の年齢で市内に住所を有する方を対象にがん検診等を行っています。加入している健康保険の種類に関係なく受けることができますので、どうぞご利用ください。
日本における死亡原因の第1位は、がんです(平成30年)。その割合は27.4%で、約3人に1人はがんで亡くなっています。しかし、診断と治療の進歩により、早期発見・早期治療が可能です。
がん検診は、早期にがんを発見し、死亡率を減少させることができる確実な方法のひとつです。
自覚症状があってからでは遅い!今こそ「がん検診」を!


結核・肺がん検診

検診内容

問診・胸部エックス線撮影

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

結核健診:65歳以上の方
肺がん検診:40歳以上の方

負担金

  • 集団検診:無料
  • 医療機関健診:実施していません

大腸がん検診

検診内容

問診・便潜血検査(2日法)

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

40歳以上の方

負担金

  • 集団検診:500円(41・46・51・56・61歳の方は無料)
  • 医療機関健診:実施していません

前立腺がん検診

検診内容

問診・血液検査(PSA:腫瘍マーカー)

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

50歳以上の男性

負担金

  • 集団検診:1,000円
  • 医療機関健診:実施していません

B型・C型肝炎ウイルス検診

検診内容

問診・血液検査

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

40歳以上70歳以下で受けたことのない方

負担金

  • 集団検診:1,000円(40・45・50・55・60・65・70歳の方は無料)
  • 医療機関健診:実施していません

歯周疾患検診

検診内容

問診・歯周組織検査

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

30歳・40歳・50歳・60歳・70歳の方

負担金

  • 集団検診:実施していません
  • 医療機関健診:500円

子宮頸がん検診(お申込みが必要です)

検診内容

問診・細胞診

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

20歳以上の女性の方

負担金

  • 集団検診・医療機関健診:1,500円(21歳の方は無料)

乳がん検診(お申込みが必要です)

検診内容

問診・超音波検査
乳房エックス線検査(マンモグラフィ)
年齢により検査内容が異なります

  • 30歳から39歳まで:超音波
  • 40・41・42・44・46・48歳:超音波・マンモグラフィ2方向
  • 43・45・47・49・51・53・55・57・59歳:超音波
  • 50・52・54・56・58歳:超音波・マンモグラフィ1方向
  • 60歳以上の偶数年齢の方:マンモグラフィ1方向

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

30歳以上の女性の方

負担金

集団検診・医療機関健診

  • 超音波:1,000円
  • マンモグラフィ(1方向):1,000円
  • マンモグラフィ(2方向):1,500円(41歳の方は無料)

子宮頸がん検診・乳がん検診の注意事項について

  • 自覚症状のある方は検診対象外です。医療機関へ受診してください。
    • 子宮:不正出血・腹痛・おりものの異常・手術経験者などは婦人科
    • 乳:しこり・分泌物の異常・手術経験者などは乳腺外来
  • 1年以内に胸部周囲の手術を受けた方は乳がん検診が受けられません。医療機関にご相談ください。
  • 医療機関で経過観察中の方は、主治医にご相談ください。
  • 授乳中の超音波検査は画像が見えにくく正確な判断を欠く場合があります。できるだけ卒乳後に、やむを得ない場合は搾乳後にご利用ください。
  • 次に該当する方は、マンモグラフィ検査が受けられません。
    • ペースメーカーの手術を受けている方
    • シリコンや豊胸手術を受けている方
    • 妊娠中または授乳中の方

骨粗しょう症検診(お申込みが必要です)

検診内容

問診・超音波検査

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

20・25・30・35・40・45・50・55・60・65・70歳の女性の方

負担金

  • 集団検診:1,000円
  • 医療機関健診:実施していません

胃がん検診(集団検診)(お申し込みが必要です)

検診内容

問診・バリウム検査

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

40歳以上の方

負担金

  • 集団検診:1,500円(41歳の方は無料)

リスク検査(採血)※過去に受けたことの無い方

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

40歳以上の方で、バリウム検査を同時に実施する方(リスク検査単独では実施できません)

負担金
  • 集団検診:1,000円(41歳の方は無料)

胃がん集団検診を申し込む際の注意事項

次に該当する方は、胃がん検診(集団検診)をお断りすることがあります。安全な検診を実施するために、ご理解くださるようお願いいたします。

  • 検査当日、体調の悪い方
  • 体調不良を起こすおそれが高い方
  • 脳卒中や心筋梗塞などの重篤な病気をまねくおそれが高い方
  • バリウムが気管へ入ってしまい呼吸困難・肺炎をおこすおそれが高い方
  • バリウムが腸につまりやすい方(腸閉塞をまねくおそれが高い方)
  • 撮影台からの転落のおそれがある、または撮影が困難な方
  • 重い持病がある方
  • 妊娠中または妊娠していると思われる方
  • 1年以内に手術した方(胃、腸、頭頸部、心臓、大動脈、肺、脊椎、腕、脚など)
    ※手術後1年以上で通院中の方は主治医の許可が必要です。
  • 授乳中の方は保健センターにお問い合わせください。

胃がん検診(医療機関検診)(お申し込みが必要です)

検診内容

胃カメラ(胃内視鏡)検査

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)

50歳以上で偶数年齢の方

負担金

  • 医療機関健診:5,000円

リスク検査(採血)※過去に受けたことの無い方

対象の方(令和3年3月31日現在の年齢)
  • 50歳以上で偶数年齢の方かつ胃カメラ検査を同時に実施する方(リスク検査単独では実施できません)
  • 40歳から49歳の方
負担金
  • 50歳以上で偶数年齢の方かつ胃カメラ検査を同時に実施する方:0円
  • 40歳から49歳の方:1,000円(41歳の方は無料)

胃がんのリスク検査について

胃がんの発生リスクが高いかどうか、胃の粘膜の健康度をみる検査です。血液検査によりピロリ菌の感染の有無と、ペプシノーゲンの値から胃粘膜の萎縮の有無の2項目を調べます。
この検査は以下に該当する方は、受けることができません。

  • 過去にリスク検査を受けた方
  • プロトンポンプ阻害剤を服用中の方
  • 胃の全摘出をされた方
  • ピロリ菌の除菌をされた方
  • 腎不全の方

胃がん医療機関検診について

胃がん検診読影管理委員会において、結果を二重読影いたしますので、結果の返却は40日前後かかります。

その他

大腸がん検診と検便容器について

集団検診をお申し込みの40歳以上の方でご希望の方には、検診受診券と大腸がん検便容器を一緒に郵送いたします。
集団検診当日に検便容器をお持ちください。
また、下記の場所で検便容器を配布しておりますので、事前に検便容器をお受け取りになり、健診当日お持ちください。

  • 配布期間:4月1日から
  • 配布場所:保健センター、総合福祉センター、東部・西部出張所、市民窓口ステーション、各コミュニティセンター
  • 配布場所休館日:保健センター、東部・西部出張所は土日祝日休館。
    総合福祉センターは日曜日・年末年始休館。
    市民窓口ステーションはサプラ休館日・メンテナンス日が休館。
    各コミュニティセンターは月曜日・祝日・年末年始休館。

事前のお願い

子宮頸がん検診を受診される方へ

  • 生理中であっても検査は可能ですが、出血が多い場合は可能な範囲で別の日を受診ください
  • 妊娠中、または妊娠の可能性がある方は、保健センターにご相談ください
  • 自覚症状のある方は、医療機関での受診をお勧めします
  • 性経験のない方の子宮頸がん検診は、医療機関にご相談ください

乳がん検診を受診される方へ

  • しこり等の自覚症状がある方は、検診ではなく、乳腺専門医の受診をお勧めします
  • マンモグラフィは、以下の方は受診できません
    • 妊娠中や授乳中の方・心臓に対するペースメーカー又はICD(植込み型除細動器)を挿入されている方・カテーテルやV-Pシャントを挿入されている方
    • 乳房再建術又は豊胸術をされている方

予約方法について

胃がん検診・子宮頸がん・乳がん検診・骨粗しょう症検診は予約が必要です。
希望の方は、「健診・検診申込書」に必要事項を記入し、郵送、またはFAX、保健センター窓口でお申し込みください。
インターネットからの申し込みも可能です。
予約状況により、希望日時に添えない場合は、検診日時を保健センターで調整させていただくことがあります。
ご都合が合わない場合は保健センターまでご連絡ください。検診受診券がお手元に届くまでに10日程度かかります。窓口での発行は行いません。

健(検)診予約システム(外部サイト)新規ウインドウで開きます。(インターネットからの申し込み)

申込書がお手元にない場合

申込書がお手元にない場合は、自宅にある白紙に下記の必要事項を記入の上、お申し込みください。

必要事項

  1. 希望検診名
  • 一般健診
    「一般健診希望」と記入の上、希望日・時間・検便容器送付希望の有無を記入してください。
  • 胃がんセット健診
    「胃がんセット健診希望」と記入の上、希望日・時間・胃がん(バリウム)検診希望の有無・検便容器送付希望の有無を記入してください。
  • 胃がん医療機関検診
    「胃がん医療機関検診希望」と記入の上、「リスク検査希望」「リスク検査希望しない」のどちらかを記入してください。
  • 18歳から39歳の健康診査
    「18歳から39歳の健康診査希望」と記入してください。
  • 婦人科検診(集団検診)
    受けたい健診に応じて次の項目を記入してください。
    • 子宮頸がん集団検診希望(20歳以上の方)の場合
      「子宮頸がん集団検診希望」と記入の上、希望時間として「午後0時30分」と記入してください。
    • 乳がん集団検診(30歳以上の方)の場合
      「乳がん集団検診希望」と記入の上、希望時間として「午前10時希望」「午前10時45分希望」「午後0時30分希望」のいずれかを記入してください。
    • 骨粗しょう症検診(20・25・30・35・40・45・50・55・60・65・70歳の方)の場合
      「骨粗しょう症検診希望」と記入の上、希望時間として「午前10時希望」「午前10時45分希望」「午後0時30分希望」のいずれかを記入してください。
  • 婦人科検診(医療機関検診)
    受けたい健診に応じて次の項目を記入してください。
    • 子宮頸がん医療機関検診希望(20歳以上の方)の場合
      「子宮頸がん医療機関検診希望」と記入してください。
    • 乳がん集団医療機関検診(30歳以上の方)の場合
      「乳がん医療機関検診希望」と記入してください。
  1. 住所
  2. 氏名(ふりがな)
  3. 電話番号
  4. 生年月日

申し込みの締め切りについて

お申込みの必要な集団検診の申し込み締め切りは、各検診日の10日前までになります。
ただし、定員になり次第締め切らせていただきます。

お問い合わせ

健康づくり推進部 健康増進課

〒301-0004 龍ケ崎市馴馬町2855番地

電話:0297-64-1039

ファクス:0297-64-5027

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ