このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

ポリファーマシー(多剤服用)について

更新日:2020年9月17日

ポリファーマシーとは

ポリファーマシーはポリ(複数の)、ファーマシー(調剤)を合わせた言葉で、多剤服用等と訳されます。
しかし、単に服用するくすりの数が多いことではありません。
多くのくすりを服用しているために、副作用を起こしたり、きちんとくすりが飲めなくなったりしている状態をいいます。
高齢になると、複数の病気を持つことにより、処方されるくすりの種類が増える傾向があります。受診する医療機関が複数になることも、くすりが増える原因となります。
加齢に伴う生理的な変化により、くすりを分解したり体の外に排泄したりする働きが弱くなります。
また、くすり同士が相互に影響しあうことで、くすりが効きすぎてしまったり、効かなかったり、副作用が出やすくなるという問題が起こります。

ポリファーマシー予防・解消のためには

お薬手帳を活用する

医療機関を受診するときや薬局に行くときは、必ずお薬手帳を持参しましょう。
お薬手帳は病院や薬局ごとに分けずに1冊にまとめておきましょう。
使っている薬について医師や薬剤師へ正確に情報を伝えることができますし、災害などの緊急時の備えにも有効です。

かかりつけの薬局や薬剤師を持ちましょう

ふだんからかかりつけの薬局や薬剤師を持って、処方されているくすりの情報を把握してもらっておくのが安心です。
くすり以外でも健康食品やサプリメントなど普段使っているものがあれば伝えましょう。

気になる症状は医師・薬剤師に相談を

くすりを飲んでいて「なにか変だな」「いつもと違う」と感じたら勝手にくすりをやめたり減らしたりせず、かかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。
その際はいつ頃からどのような症状が出てきたのか、気になる症状についてメモしておきましょう。

関連リンク

お問い合わせ

健康づくり推進部 健康増進課

〒301-0004 龍ケ崎市馴馬町2855番地

電話:0297-64-1039

ファクス:0297-64-5027

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ