このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

有毒植物の誤食にご注意を!!

更新日:2018年3月1日

龍ケ崎市内で、「チョウセンアサガオ」を誤って食べてしまったことによる食中毒事故が発生しました。

 竜ケ崎保健所によると,2月15日(日曜日)午後6時30分頃から市内の家族3名が,観賞用として自宅の庭に植えていた「チョウセンアサガオ」の根を庭に埋めて保管していた「ゴボウ」と誤認し,けんちん汁の具材として調理喫食したところ,3名とも午後8時30分頃から意識障害,口渇などの症状を呈し,取手市内及び土浦市内の医療機関に救急搬送され入院していたことが判明しました。
 竜ケ崎保健所は,2月18日,「チョウセンアサガオ」を「ゴボウ」と誤認したことによる食中毒と断定しました。
 最近では、岐阜県で「スイセン」の葉をニラと間違えて食べ、食中毒症状で病院に搬送された事故が起こっています。毎年、有毒な山野草等の誤食による食中毒が発生していますので、ご注意ください。
 誤食を防ぐためにも,“観賞用の有毒植物”は,野菜の近くで栽培しないようにしましょう。

〇有毒植物による食中毒予防方法

  • 家庭菜園や畑などで,野菜と観賞植物を一緒に栽培するのはやめましょう。
  • 山菜に混じって有毒植物が生えていることがあります。山菜採りをなどをするときは,一本一本よく確認して採り,調理前にもう一度確認しましょう。
  • 山菜,野草採りは,山菜,野草の確かな知識を有する方と行きましょう。
  • 知らない植物,種類が判別できない植物は採らない,食べない,売らない,人にあげないようにしましょう。

〇食用と間違えやすい有毒植物の例

有毒植物中毒症状間違えやすい植物
バイケイソウ嘔吐,手足のしびれ,呼吸困難,けいれんなどオオハギボウシ,ギョウジャニンニクなど
スイセン嘔吐,下痢,頭痛などニラ,ノビル,タマネギなど
トリカブト手足のしびれ,嘔吐,けいれん,呼吸困難などニリンソウ
イヌサフラン嘔吐,下痢,呼吸困難などモミジガサなど
チョウセンアサガオ口渇,瞳孔散大,意識混濁,心拍促進,興奮麻痺,頻脈などゴボウ,オクラ,モロヘイヤ,アシタバ,ゴマなど

〇食品衛生に関する情報は以下ホームページに掲載しております

 「いばらき食の安全情報WebSite」

 ホームページアドレスhttp://www.shoku.pref.ibaraki.jp/(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

〇植物性自然毒の詳しい情報は

 「厚生労働省ホームページ自然毒のリスクプロファイル」

 ホームページアドレスhttp://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/#higher(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

お問い合わせ

健康づくり推進部 健康増進課

〒301-0004 龍ケ崎市馴馬町2855番地

電話:0297-64-1039

ファクス:0297-64-5027

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ