このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方対象「徴収猶予の特例制度」

更新日:2020年9月10日

「徴収猶予の特例制度」について

新型コロナウイルス感染症の影響により事業や給与などの収入が大きく減少した方で、以下の要件を満たす方は、最長1年間、申請により地方税の徴収猶予の特例措置が受けられます。
担保の提供は不要で、延滞金もかかりません。
※猶予期間内における途中での納付や分割納付など、事業等の状況に応じて計画的に納付することも可能です。

対象となる方

対象となるのは、次の2つの要件をいずれも満たす納税者・特別徴収義務者です(個人・法人の別や規模は問いません)。

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)の収入が前の年の同じ時期に比べて概ね20%以上減少している。
  2. 納期限までに、その納付額(納入額)を一時に納付(納入)することが困難である。
    ※「一時に納付(納入)することが困難」の判断については、少なくとも向こう半年間の事業資金などを考慮できます。

対象となる税目

令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する市税(個人住民税、固定資産税など、ほぼすべての税目が対象になります。)

(2020年9月10日公開内容更新)政令改正により、対象となる税目が「令和3年1月31日までに納期限が到来する市税」から「令和3年2月1日までに納期限が到来する市税」に変わりました。

申請手続きについて

申請期限

特例制度に関する法律が施行されてから2か月を経過する日(令和2年6月30日)、又は、納期限のいずれか遅い日までに納税課に申請が必要です。
※新型コロナウイルス感染症にかかった方など、止むを得ない理由がある場合には、納税課に電話にてご相談ください。

申請に必要なもの

  • 申請書
    下記様式一覧からダウンロードし、必要事項を記入・押印してください。
  • 申請書に記載した内容を確認できる収入や現預金の状況がわかる資料
    提出が難しい場合は、口頭によりうかがうことがあります。
  • 財産収支状況書
    徴収猶予を受けようとする金額が100万円以下の場合に必要です。
  • 財産目録
    徴収猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合に必要です。
  • 収支の明細書
    徴収猶予を受けようとする金額が100万円を超える場合に必要です。

※申請は郵送でも可能です。郵送の際は、収入や現預金の状況がわかる資料はコピーでも可。

様式一覧

お問い合わせ、申請の前に必ず以下の内容をご確認ください

1つの税目で納期限が複数あるものは、納期限が来るたびに申請書の提出が必要ですか?

猶予制度は、申請をする時点において、一時に納付困難な事情があることが要件となりますので、納期限が翌月に到来する程度であれば、一連の資金繰りとして、まとめて申請できる場合もあります。
それ以上となる場合は、納付すべき地方税の発生の都度、申請頂く必要があります。

1つの税目で納期限が複数あるもの(固定資産税など)の猶予期間は?

各納期限の翌日から最長1年間です。

他の行政機関(税務署や県税事務所など)で、特例制度の猶予が認められました。市役所にも申請が必要ですか?

自動的に情報共有されるわけではありませんので、別途提出が必要です。
ただし、近接した時期に他の行政機関に提出された申請書のコピー、又は徴収猶予通知書のコピーをもって申請書の「2猶予額の計算」(1)から(4)までを「別紙のとおり」と記入することは可能です。

生活が苦しくなってきたので、納付した税金を返金してほしいです。

今回の制度は今後の納付に関するものです。
そのため、すでに納付済みのものについては特例の対象になりません。
また、返金もできません。

猶予を申請する市税について、口座振替設定しているとどうなる?

口座振替日から10営業日前までに申請がなければ通常通りの期限で口座振替となります。

その他

  • 徴収猶予が適用されている市税の本来の納期限は変更されません。
    納税証明書を請求された場合、猶予されている市税であっても納税証明書には未納と記載されます。
  • 徴収猶予が適用された場合は徴収猶予許可通知書が送付されます。
    徴収猶予が適用されていることを証する書類は徴収猶予許可通知書のみとなりますので、猶予期間中は必ず保管して下さい。
  • 軽自動車税(種別割)の徴収の猶予を受けた方が、猶予の期間中に対象車両の継続審査を受ける場合、自動車登録番号又は車両番号もしくは車台番号の記載がある徴収猶予許可通知書を提示すれば、対象車両の継続審査の証明書になります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市民生活部 納税課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1581

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ