このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

公共施設等の更新問題とは

更新日:2018年3月1日

我が国では、高度経済成長期に公共施設やインフラ(以下「公共施設等」という)を一斉に整備してきました。このため、一斉に建てられた公共施設等は、一斉に更新時期を迎えることとなります。反面、厳しい財政状況下における更新費用の確保や、社会経済情勢の変化により公共施設等が担う役割の見直しなど、質量両面から公共施設等全体のあり方を見直す必要があります。これらを一体的に解決しなければ、多くの公共施設等は物質的・機能的に朽ちてしまうことが予想されることから「公共施設等の更新問題」と言われています。この公共施設等の更新問題は、どこの自治体でも必ず起こる性質のものであるため、「時限爆弾」とも称され、自治体共通の課題となっています。

更新施設の更新問題は避けられない問題であるため、早めの対策が必要!!


公共施設等の更新問題と3つのシナリオ

公共施設等の更新問題は、今後の取組に応じて大きく3つのシナリオを描くことができます。
本市は、早期に決断・対応することにより、公共施設が担う必要性の高い機能を確保しつつ、財政状況の悪化を回避するという「第3のシナリオ」の実現を目指します。

公共施設等の更新問題と3つのシナリオの画像


お問い合わせ

市長公室 企画課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ