このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな、文字拡大・色の変更
  • Multilingual
  • イベント情報
  • 観光スポット
  • もっと!龍ケ崎
  • 交通アクセス
本文ここから

清水山慈眼院

更新日:2018年3月1日

慈眼院=じがんいん(小通幸谷町)

清水山慈眼院

牛久沼と小貝川が交わる手前の川岸にある清水山慈眼院は、恵心阿闍梨の作とされる十一面観音像(小通観世音)を本尊としています。
寺伝によると、天慶年間(938~947年)に平貞盛が父・国香の菩提を弔い、寺領の民心を安定させるために、川原代に安楽寺を、小通の川岸に観音堂を建立したのが、小通幸谷の十一面観音の始まりとされています。
天正の初め(1573年~)、若柴の金竜寺の開祖である由良国繁は、岡見家一族の供養のために七観音八薬師を建立しました。
その後、由良の家老・和田民部が奉行となり、観音堂は清水山慈眼院とあらためられました。
十一面観音は眼病に霊験があると信じられ、当時は境内もたいへん広く、寺領も一町歩(100アール)はあり、遠近の参詣者や参観者が多かったといわれています。
しかし、明治初年の神仏分離令に際し、無檀無禄寺院として廃寺になりました。
その後、同8年(1875年)村中の総意により七観音八薬師の由緒をもって若柴の金竜寺の末寺として再興され、曹洞宗にあらためられました。
現在の堂宇は貞享2年(1685年)に再興されたもので、修復を重ねて今日に至っています。

お問い合わせ

産業経済部 商工観光課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1584

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

Copyright©RYUGASAKI CITY. IBARAKI PREF, JAPAN. ALL Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの上部へ