このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな、文字拡大・色の変更
  • Multilingual
  • あずける
  • でかける
  • 相談する
  • 手当・助成など
  • 健診・健康教室
  • 病院・救急・予防接種
  • たつのこアクション
本文ここから

乳幼児揺さぶられ症候群に注意!

更新日:2018年3月1日

赤ちゃんは泣くのが「仕事」です

赤ちゃんは,生後2週から週を追うごとにもっと泣くようになります。健康な赤ちゃんでも1日5時間は泣くこともあるのです。
泣くのには,さまざまな理由があります。でも,赤ちゃんは理由もなく泣くこともあるのです。そして赤ちゃんの泣きは,2か月目にピークを迎え,しだいにおさまっていきます。赤ちゃんに泣かれると,誰でもイライラします。でも,大丈夫です。お母さんは悪くないのです。イライラしたっていいのです。

決してやってはいけないこと

なだめようと思って,あるいはイライラして,「なぜ泣き止まないの!」と思わず激しく揺さぶってしまうことがあります。赤ちゃんの頭の中はとてももろいので,激しく揺さぶられると障害が残ったり死亡したりする場合があります。
激しい揺さぶりは絶対にやめましょう。
DVD動画「赤ちゃんが泣きやまない」が厚生労働省のホームページで公開しています。下記のリンクから視聴できます。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000030718.html(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

お問い合わせ

健康づくり推進部 健康増進課

〒301-0004 龍ケ崎市馴馬町2855番地

電話:0297-64-1039

ファクス:0297-64-5027

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで
サブナビゲーションここから

このページを見ている人は
こんなページも見ています

サブナビゲーションここまで


Copyright©RYUGASAKI CITY. IBARAKI PREF, JAPAN. ALL Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの上部へ