このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

雑がみ(ざつがみ)の分別・リサイクルにご協力ください!

更新日:2019年7月2日

 龍ケ崎市では毎年「ごみ質分析調査」を行っていますが、燃やすごみのおよそ3割は紙類であることが分かっています。この紙類の中にはリサイクル可能な紙類(雑がみ)も多く含まれています。新聞・ダンボールは資源物として出すことが定着していますが、雑がみは意外と意識せずに「ごみ」として捨てられてしまっています。
 燃やすごみの減量と資源の有効活用を図るため、雑がみの分別にご協力をお願いします。

雑がみとは?

 雑誌・紙封筒(ビニール部分は取る)・お菓子の紙箱・ティッシュの箱(ビニール部分は取る)・包装紙・メモ用紙などのリサイクル可能な紙類です。新たな紙製品に生まれ変わります。

雑がみの出し方

 雑がみはサイズがまちまちで、束ねづらいため、ご家庭で不要となった紙袋を利用して資源ごみとして出すことをお勧めします。少量であれば、雑誌の間に挟んで出すこともできます。

雑紙のまとめ方

資源にならない紙類

 ティッシュペーパー、紙おむつ、ビニールコート紙、写真、レシート等の感熱紙、圧着はがき、油紙、カーボン紙、紙コップなどのワックス加工品、汚れやニオイのひどい紙は『燃やすごみ』で出してください。

お問い合わせ

産業経済部 環境対策課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1584

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ