このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

公共下水道・農業集落排水への新しい接続支援補助制度が始まりました!

更新日:2018年6月22日

市では、公共下水道及び農業集落排水に接続することを目的として、宅地内配管等を改造する工事を行う方に対し、その工事費を助成する新しい「接続支援補助制度」を創設しました。
これは茨城県の湖沼水質浄化下水道接続支援事業等(霞ケ浦流域)を活用し、公共用水域の水質保全と霞ケ浦流域の水質浄化をよりいっそう推し進めることを目的とした制度です。
これまでの補助制度は、下水道などの供用開始から3年以内に接続(注釈1)する方だけが対象でしたが(10万円を限度)、新たな制度では供用開始から4年目以降の方も対象(4万円を限度)となります。
さらに、65歳以上の方または18歳未満の方がいる世帯で、その世帯の年収合計が概ね600万円以下など(注釈2)、一定の条件を満たしている方については工事費の自己負担相当分も補助(31万円を限度)する内容(注釈3)となっています(新築を除きます)。
なお、県の支援事業は平成30年度から4年間とのことですので、公共下水道及び農業集落排水の整備済み(供用開始)区域の皆さん、この機会にぜひ接続をお願いします。

  • 注釈1:下水道法の規定により、くみ取り便所などは下水道の供用開始から3年以内の接続が義務付けられています
  • 注釈2:世帯員のうち収入のある方の市県民税の課税対象所得の合計が334万円以下であること
  • 注釈3:改造工事は年度内に完了していること

本制度の適用については、4月から6月の間に排水設備確認申請を行なった方についても対象となります。
茨城県ホームページ:湖沼水質浄化下水道接続支援事業が変わります!(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

マスコットキャラクター画像



新たな接続支援制度の概要

新たな接続支援制度の概要
 

これまでの補助制度

新しい補助制度
対象 処理区域内の公共下水道接続者 下水道等の接続者(公共下水道、農業集落排水)
要件 下水道供用開始後3年以内に接続 供用開始後3年以内に加え、4年目以降も対象
補助額

改造工事に対し10万円を限度

  1. 供用開始後3年以内は10万円を限度
  2. 供用開始後4年目以降は4万円を限度
  3. 65歳以上の方または18歳未満の方がいる世帯で、世帯年収が概ね600万円以下の世帯には、接続工事費に対し31万円を限度にあわせて補助


排水設備(個人が設置・管理する部分)の工事費を補助します

補助金申請の流れ


補助申請の流れ

お問い合わせ

都市整備部 下水道課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1588

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ