このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

防災コラム発行にあたって

更新日:2018年3月1日

平成7年1月に起きた阪神淡路大震災から現在までにも新潟県中越地震、福岡県西方沖地震、能登半島地震、新潟中越沖地震、岩手宮城内陸地震等頻繁に大地震が発生しています。また、世界に目を向けても中国、インドネシアのスマトラ沖、イラン、ギリシャなどでの大地震は被害規模も大きく、日本でも大きく報道されました。

地震以外の災害につきましても、台風、集中豪雨など、ここ数年の被害は規模が大きくなってきており、それに伴う洪水や土砂災害の発生も全国各地で見られています。

これらの自然災害に立ち向かい、被害を最小限に抑えるためには、地形分類や地盤分類による市全体の自然的災害要因を知り、それに応じた対策を各個人、自主防災組織、行政のそれぞれが行うことが被害を最小限に抑えるためにはかかせません。

そこで、龍ケ崎市防災指導員として長年に渡り当市の防災行政に多大なるご協力をいただいております水谷武司さんのご協力をいただき、この防災コラムを発行する運びとなりました。

水谷武司さんには、総合防災学と地形学についての日本における第一人者で、総務省消防庁の防災に関するホームページにも水谷武司さんの文献が多数使われるなど、当市の防災のみならず日本の防災に多大な貢献をされております。

経歴

京都大学経済学部卒業
東京都立大学理学部卒業
科学技術庁 国立防災科学技術センター災害研究室長
千葉大学理学部地球科学科 教授

などを経て、現在
独立行政法人防災科学技術研究所客員研究員

専門分野

総合防災学、地形学
理学博士技術士(応用理学)

主な著書

  • 防災地形古今書院1982年
  • 水害対策100のポイント鹿島出版会1985年自然
  • 災害調査の基礎古今書院1993年
  • 自然災害と防災の科学東京大学出版会2002年
  • 自然災害の辞典朝倉書店2007年
    (地震防災の章を担当)
  • 数理地形学古今書院2007年

メールアドレス

mizut@jcom.home.ne.jp
Topページに戻る

お問い合わせ

危機管理課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1583

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ