このページの先頭です


  1. トップページ
  2. こども・健康・福祉
  3. 健康・健診・検診
  4. 健康づくり
  5. てくてくロード(健康の散歩道)
  6. 【6】川原代地区「治水から親水へ水にまつわる歴史を学べるコース」

【6】川原代地区「治水から親水へ水にまつわる歴史を学べるコース」

更新日:2020年9月10日

小貝川は記録からわかっている水害だけでも14回の氾濫を起こしています。
最も近い水害は昭和56年(1981年)8月24日で、台風の影響で増水した小貝川に利根川から逆流した水が加わって、高須橋付近左岸の土手110mが決壊し3300ヘクタールが浸水しました。
現在は強固な堤防が築かれ、その決壊箇所に「決壊口碑」が建てられています。
龍ケ崎市総合福祉センターと龍ケ崎市ふるさとふれあい公園の間に旧小貝川があり、行き来ができるよう“ふれあい橋”が架かっています。
この橋を渡るとセンサーが人を感知し「ふるさと」の音楽が流れるミステリー橋です。
ふるさとふれあい公園には野球場やゲートボールコート、創作アトリエなどがあり、体を動かすことだけでなく趣味や芸術などを体験することができます。
公園内に「はつらつ健康公園」を設定し、より気軽に運動できます。
土手からの眺めはとても素晴らしく、天気の良い日にはお薦めの約5.7kmのコースです。


ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。コースの地図(PDF:445KB)

※印刷は、一旦、画像を保存してから行ってください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

お問い合わせ

健康スポーツ部 健康増進課

〒301-0004 龍ケ崎市馴馬町2855番地

電話:0297-64-1039

ファクス:0297-64-5027

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで
サブナビゲーションここから

てくてくロード(健康の散歩道)

このページを見ている人は
こんなページも見ています

サブナビゲーションここまで