このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

ごみ収集車の車両火災が発生しています

更新日:2018年3月1日

ごみ収集車の車両火災が発生しています!

IMG_0321.JPG
平成24年2月3日に市内で発生した収集車火災事故


スプレー缶などが原因と思われるごみ収集車の火災事故が発生しています。こうした火災事故は、平成23年度に2件発生し、毎年数件発生しています。
その原因は、可燃性ガスが残っているカセット式ボンベスプレー缶が燃やさないごみの中に混じって出され、収集処理で圧縮された際に容器が破裂し、漏れたガスに引火して、火災事故が発生したものと考えられます。
幸いにも、この火災による負傷者は発生してはいませんが、一歩間違えれば、大きな事故に結びつくことが予測されます。
ごみ収集車からの火災事故を防止するため、ルールに従った正しいごみ・資源物の分別にご協力をお願いします。

スプレー缶・カセット式ボンベ

中身を使い切り、風通しがよく火気のない屋外などの場所で、周囲に人がいないことを確認してから穴をあけ、ガスを完全に抜いてから資源物(カン)として出してください。

ライター

中身を完全に使い切ってから、燃やさないごみとして出してください。

関連情報

一般社団法人 日本エアゾール協会(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
一般社団法人 日本喫煙具協会(外部サイト)新規ウインドウで開きます。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。リーフレット(ライターのガス抜きの方法、注意点)(PDF:503KB)

CIMG1642.JPG
スプレー缶が破裂し、黒く焦げている様子

CIMG1647.JPG
ガスが残ったままのスプレー缶とライター


IMG_0331.JPG
カセット式ボンベ

IMG_0328.JPG
焼け焦げたファンヒーター


PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

産業経済部 環境対策課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1584

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ