このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

多宝塔

更新日:2018年3月1日

tahoutou.JPG
種別:建造物
指定年月日:平成18年12月19日
所在地:龍ケ崎市馴馬町2362番地
管理者:来迎院
この多宝塔は、相輪に刻み込まれている銘文によると、弘治2年(1556年)5月吉日に、江戸崎城主の土岐治英がこの塔を修築し、その時、治英の一族・家臣や僧、番匠・鍛治などの職人たちが多数参加したとなっている。このことから、造営時期は、もっとさかのぼると思われる。
塔は三間多宝塔で規模は余り大きくない。初重の四方は中央間に桟唐戸を建て脇間は正面のみ連子窓で他の三方は板壁となり、周囲に縁を廻している。
組物は初重が出組挙鼻附で、二重は四手先になり、いずれも唐様である。
軒は上下とも二重繁捶になる。内部は鏡天井、板床で来迎壁前(現在壁を欠く)に簡単な須弥壇がある。
この建物は、この地方ではほとんど遺構をみない多宝塔形式で、形式上から、又建立年代の古さからも、この地方においては極めて貴重な存在である。特に挙鼻、頭貴鼻、隅木練型など同一意匠になり、初重桟唐戸も改造されているが、背面に当初のものと思われるものが使用されていることは非常に幸いで、よく室町時代の特色を示している。
周辺を地図で調べる(いばらきデジタルまっぷ)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

多宝塔の周辺地図

お問い合わせ

教育委員会 文化・生涯学習課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

ファクス:0297-60-1582

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ