このページの先頭です


  1. トップページ
  2. こども・健康・福祉
  3. 健康・健診・検診
  4. 予防接種
  5. 高齢者インフルエンザ予防接種を希望する方へ

高齢者インフルエンザ予防接種を希望する方へ

更新日:2024年2月8日

対象となる方には、令和5年9月25日に「龍ケ崎市高齢者インフルエンザ予防接種接種券兼予診票」を発送しました。
令和5年10月1日から令和5年12月31日までに65歳を迎える方には、誕生日を迎える時期に接種券などの個別通知を郵送します。

インフルエンザ予防接種とは

  • インフルエンザ予防接種は、インフルエンザ感染や発症そのものを完全に防ぐことはできませんが、重症化や合併症の発生を予防する効果が証明されています。予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5か月とされています
  • 予防接種法に基づく高齢者を対象としたインフルエンザ予防接種は、接種を受ける法律上の義務はなく、本人が接種を希望する場合にのみ接種を受けることができます

対象者

龍ケ崎市に住民登録がある方で、次のいずれかに該当する方(令和5年12月31日現在の年齢)

  1. 65歳以上の方
    65歳の誕生日を迎える前日から接種を受けることができます
  2. 60歳以上64歳以下で、身体障害者手帳1級の方のうち、心臓・じん臓・呼吸器の機能不全、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害を有する方

実施期間と回数

令和5年10月1日(日曜日)から令和6年1月31日(水曜日)までの間に1回
※令和5年9月30日以前に接種を受けた場合は、全額自己負担となります。

接種を希望される方は、お早めに接種をお願いします。

国内のインフルエンザについては、定点あたりの報告数が、直近5年間の同時期と比較して多い状態で推移しており、厚生労働省では、例年より早く本格的な流行になる可能性があるとして注意を呼びかけています。
インフルエンザワクチンには、インフルエンザの重症化を防ぐ効果がありますので、接種を希望される方は、より効率的に有効性を高めるために、インフルエンザが流行する前までに、お早めの接種をお願いします。
厚労省HP(インフルエンザ総合ページ)(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

予防接種の受け方

  1. 委託医療機関に電話で予約
    ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。委託医療機関(PDF:269KB)
  2. 接種当日は、マイナンバーカードなどの龍ケ崎市民であることを証明できるものと必要事項を記入した「龍ケ崎市高齢者インフルエンザ予防接種接種券兼予診票」、お持ちの方は「予防接種手帳」をご持参ください
    接種当日、体調不良の時は、接種が見合わせとなり、その結果、保険診療扱いとなって費用が発生する場合があります。健康保険証をご持参ください

助成額

  • 上限2,500円
  • 生活保護世帯に属する方は上限5,300円

※医療機関ごとの接種料金から、市の助成額を差し引いた額を医療機関へお支払いください。

償還払い

上記の実施期間内に県外の医療機関で接種を受けた方は、助成額分の払い戻しの手続きを行います。
令和6年3月29日(金曜日)までに、次の必要書類をご持参のうえ、市医療対策課までお越しください。
※令和5年10月1日(日曜日)から令和6年1月31日(水曜日)までの間に接種を受けたものに限ります。

申請に必要な書類等

  • 医療機関が発行した領収書の原本(被接種者氏名、予防接種の種類と日付、接種にかかった費用、医療機関名の記載及び押印があること)、明細書(領収書の内容に不足がある場合)
  • 令和5年度龍ケ崎市高齢者インフルエンザ予防接種接種券兼予診票
  • 印鑑(認め印可、ただしスタンプ印は不可)
  • 振込先口座の分かるもの
  • ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。償還払申請書兼請求書(PDF:92KB) ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。Word版はこちら(ワード:22KB) ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例(PDF:422KB)

申請(手続き)方法

上記の必要書類等をご持参のうえ、市医療対策課窓口にて申請を行ってください。

受付窓口

・龍ケ崎市役所附属棟2階 医療対策課
・受付時間:午前8時30分から午後5時15分(平日のみ)

新型コロナワクチンと他の予防接種との接種間隔

新型コロナワクチンと同時接種が可能です※。
インフルエンザ以外の予防接種を受ける場合は、前後2週間は接種を受けることはできません。
※医師の判断により、同時接種を実施しない場合があります。
厚生労働省Q&A(外部サイト)新規ウインドウで開きます。

予防接種による健康被害救済制度について

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
インフルエンザワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader のダウンロードへ

お問い合わせ

健康スポーツ部 医療対策課

〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで