このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
キーワードから探す

情報が見つからない場合はこちらから

  • 音声読み上げ・ふりがな・文字拡大・色の変更
  • Multilingual
本文ここから

子宮頸がん予防接種について

更新日:2022年7月13日

子宮頸がん予防接種(HPVワクチン)は、平成25年6月14日から厚生労働省の勧告により、積極的勧奨を差し控えていましたが、接種による有効性が副反応のリスクを上回ると認められ、令和3年11月26日の厚生労働省の通知により積極的勧奨の差し控えが解除されました。
龍ケ崎市では、国の通知に基づき、令和4年7月以降対象の方へ個別通知を行う予定ですが、個別通知が届く前に接種を希望される方は、保健センター窓口で予診票をお渡しします。
母子健康手帳を持って保健センター窓口までお越しください。


接種を希望される場合は、厚生労働省のリーフレット(下記参照)を参考に効果と副反応を十分理解した上で接種してください。

キャッチアップ接種を行います

子宮頸がんワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した方に対して、公平な接種機会を確保する観点から、キャッチアップ接種を行うことになりました。

接種対象

平成9年4月2日から平成18年4月1日生まれの方

接種期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日まで

龍ケ崎市では、市で管理する接種履歴に基づき、対象となる方へ令和4年7月以降個別通知を送付する予定です。

子宮頸がんワクチンを自費で接種された方へ接種費用を助成します

積極的勧奨の差し控えにより子宮頸がんワクチンの接種機会を逃したことで、定期接種の対象年齢を過ぎて自費で接種された方へ当該接種費用を助成いたします。

対象

・令和4年4月1日時点で龍ケ崎市に住民登録がある平成9年4月2日~平成17年4月1日生まれの女子
・高校2年生以降に子宮頸がんワクチン(サーバリックスまたはガーダシル)を日本国内で接種し、その接種費用を支払った場合(令和4年3月31日までの接種)

申請に必要な書類

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。龍ケ崎市ヒトパピローマウイルス感染症任意接種助成金交付申請書兼請求書(ワード:15KB)
・領収書(接種費用を支払った事実を証明できるもの)
・母子健康手帳等の接種記録が確認できるもの
※接種額が証明できない場合は、申請日の属する年度における茨城県内定期予防接種広域事業のHPVワクチン接種に係る茨城県と契約している基準単価が助成金の額となります。

申請期間

令和4年4月1日~令和7年3月31日

HPVワクチンに関する相談先

HPVワクチンを含む予防接種、インフルエンザ、性感染症、その他感染症全般

感染症・予防接種相談窓口(厚生労働省設置)

  • 電話:03-5276-9337
  • 受付時間:月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時まで(土曜日・日曜日・祝日年末年始を除く)

※行政に関するご意見・ご質問は受け付けておりません
※本相談窓口は、厚生労働省が業務委託している外部の民間業者により運営されています

HPVワクチン接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について

茨城県ホームページ「子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種後に症状が生じた方に対する相談窓口について」(外部サイト)新規ウインドウで開きます。からご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康づくり推進部 健康増進課

〒301-0004 龍ケ崎市馴馬町2855番地

電話:0297-64-1039

ファクス:0297-64-5027

お問い合わせフォームを利用する


本文ここまで

所在地:〒301-8611 茨城県龍ケ崎市3710番地

電話:0297-64-1111

開庁時間:平日 午前8時30分から午後5時15分(祝日・年末年始を除く)

法人番号:2000020082082

Copyright © RYUGASAKI CITY. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
ページの先頭へ